エラ削りの手術の流れや感想

クリニックを信頼しエラ削りの手術を決意

でも、実際に手術を受けた人のビフォーアフターを見せてもらったり、自分が手術をした場合のシミュレーションも画像で見せてもらえて、本当に良いなと思ったし一度手術を受けたら、永久に顔の大きさの悩みから解放されるんだと思うと、エラ削りをするしかないと感じました。
その後は仕上がりのイメージを話し合ったり、手術を受ける前や受けた後の流れ、注意すべき点も教えてもらい、料金にも納得することができたので手術日の予約をして帰宅しました。
もちろん不安はありましたが、医師がとても丁寧な対応をしてくれたことや、エラ削りの実績が豊富にあるということから、信頼しようと思えたので良かったです。
当日はドキドキしましたが、改めて医師が説明をしに来てくれて、その後手術室で麻酔を受けました。
全身麻酔なのでそこまでしか記憶はなく、目が覚めた時には個室で寝ている状態で、どの程度時間が経過したのかもわかりませんでした。
しばらくすると医師と看護師がきてくれて、無事に手術が終わったというような内容のことを話してくれましたが、まだ麻酔が残っていてぼんやりしていたのであまり覚えていないのが正直なところです。
手術を受けた当日はかなり痛みも残っていて、夜に眠ることも困難という状態でしたが、カウンセリング時にもエラ削りはダウンタイムが厳しいものになるので、覚悟が必要だと言われていたので頑張って耐えようと思うことができたし、痛みに対する不安はありませんでした。

エラが張っていることがコンプレックスで美容整形を考えるクリニックを信頼しエラ削りの手術を決意ダウンタイムの痛みもあったが選択は間違っていなかった